クリスマスTシャツ

キラキラシャイニーシートでクリスマスTシャツを作ってみました。着用じゃなく、飾り用ですイヒヒ

ツリーの▲(三角)はカッターでカットしたものです。その他のプレゼントや★(星)、柊ろうそくは
カッティングマシンでカットしました。
クリスマスTシャツ

首周りにはシャイニーシート(ハーフカット)の小さいハートを利用
クリスマスTシャツ

今回は飾り用なので、洗濯を考慮しなくていいので重ねて貼っています。
クリスマスTシャツ

クリスマスTシャツ

またまた、会社玄関に飾ってみました。
会社の玄関は東に向いているので、朝日がTシャツにあたるとシャイニーのプリント部分が
キラキラしてとってもきれいですツリー
クリスマスTシャツ
 

ハロウィンディスプレイにミニTシャツ

ミニTシャツにフロッキーシートでプリントしてハロウィンディスプレイを作ってみました。



今回はちょっとふわふわしたプリントをしたいので、フロッキーラバーシートを使いました。
↑カッティングマシンでカットした写真 Halloweenの文字は細すぎてカット後台紙から離れてしまいました。


ミニTシャツのマンダリンオレンジにプリントしました。

ハロウィンディスプレイ6
フロッキーラバーシートなので起毛プリントになります。

ハロウィンディスプレイ2
専用ハンガーにかけて会社正面に飾るとこんな感じ

ハロウィンディスプレイ3
入り口がちょっぴりハロウィンらしくなりました

クラフトロボでラバシートをカット

 またまたクラフトロボを出してきてラバーシートやラメシートをカットしました

ラバーシート・レッドカット中(撮影の為、フタをあけています)黄色キャップ 品質:4 紙:3


カット後はこんな感じ。この後不要な部分をピンセット等で取り除く『カス取り』という作業をします。
右にあるものがカス取り後のラバシートです。


カス取りが終わったこの状態で生地に配置してプレス機(又はアイロン)でプレスします。


【2011/07/11追記】
スタッフのイベントポロシャツにプリントしてみました。


アイロンラメシートで作った気球やQUICKARTのロゴ、ラバーシートのイラストなど
盛りだくさんのポロシャツになりました


【拡大】

スタッフポロシャツその2

 今日は小型カッティングマシン『クラフトロボ』でラバーシートをカットしてみました。

設定は、黄色キャップ 厚い素材 品質:4 紙:3

ラバーシートが小さかったのでクラフトロボ用のカッティング台紙に貼り付けて
カットさせましたが、シートの大きさが大きければカッティング台紙に貼る必要はありません

ラメシートは、赤色キャップ 厚い素材  品質:1(きれい) 紙:3(厚い)の設定で
ゆっくりカットしました。
カットはできましたが、カス取り(不要な部分を取り除く作業)が大変でした


アイロンでドライポロシャツにプリントしました。


きれいにカットできて満足です


ラバーシートの使い方


ラバーシートは元々カッティングプロッタでカットする用の熱圧着シートなのですが
もちろんハサミやカッターでカットして使うこともできます。


ハサミ等でカットする場合は、フリーハンドでもいいのですが、
文具用フィルムシール(クリア)を使うとカットのラインをシートに貼ることができまるので
きれいなプリントを作ることができます。

文具用フィルムシール(クリア)にプリントしたい文字やデザインのラインを正像で印刷して
ラバーシートを貼り付けます。



ラインに沿ってラバーシートをカットします。



シリコン紙の上からアイロンでプレスします。



プレス後、表面のフィルムを剥がせば完成



>>>ラバーシートの作り方 詳しくはこちら



| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode